発汗を抑える治療

汗を多くかく症状

女性

人間は、運動したり暑い場所に身を置いたりすると、体温が上昇します。しかし、体温を上がるがままにしておくと、いずれ死んでしまいます。なぜかというと、一定の温度以上になると、人間の体を構成しているタンパク質が変性してしまうためです。タンパク質が変性するような事態に陥ってしまっては大変ですので、人間の体は汗をかくことによって体温を下げようとします。これは、生命を維持するために起こる生理現象ですから、本人の意思の力で発汗作用をコントロールすることはできません。つまり、汗をかくこと自体はごく当たり前の現象なのですが、暑くも何ともないのに大量の汗をかいてしまう人がたまにいます。この症状を多汗症と呼びます。この症状があると何かと恥ずかしい思いをするシーンが多くなるため、多汗症が大きなコンプレックスになっている人が多いです。残念ながら、多汗症になる原因は、現在のところ解明されておりません。しかし、医療機関を受診すれば、多汗症治療を受けることができます。多汗症であることを理由に家に引きこもりがちになってしまっている人がいますが、適切な治療を受けることによって治すことができる症状です。

注射を用いる方法

多汗症治療は、皮膚科や形成外科、美容外科などの診療科で受けることができます。様々な種類の治療方法がありますが、ここ数年高い人気を集めるようになってきているのが、ボトックス注射を利用する方法です。多汗症の場合、全身にくまなく大量の汗をかくというケースは滅多にありません。そうではなく、顔や手のひら、足の裏、脇の下などにだけ、大量の汗をかく場合が多いです。汗をかかないようにするためには、汗腺を剪除する外科手術を受けるという方法が最も効果的ですが、顔や手のひらの治療にはふさわしくない方法です。改めて言うまでもないことですが、顔にメスを入れればその傷跡が顔に残ってしまいます。また、手のひらにメスを入れれば、傷が癒えるまでの間は手を使うことができなくなります。ですので、直視下剪除法による手術は、顔や手のひらの多汗症治療には向いていません。しかし、ボトックス注射を打つという方法であれば、顔や手のひらの多汗症治療の方法として採用することができます。ボトックス注射による発汗抑制効果に永続性はありませんが、多くの人がこの方法を利用しています。