症状が軽減出来ます

何種類か治療法があります

女性

多汗症は、体の至る部分で過剰に汗をかいてしまう症状です。主に脇や手のひら、足や頭に大量の汗をかきやすいのが特徴です。汗をかきすぎてしまう原因は、エクリン汗腺から必要以上に汗が分泌されてしまう事です。これは緊張や心配等精神的不安が一番の原因と見られています。さらに生活習慣や食生活の乱れ等も影響している可能性もあります。これだけでなく、遺伝や体質で多汗症が起こってしまっている場合もあります。そのため、あまりにも大量の汗をかくことで悩んでいる方は、一度専門の病院を受診し、治療を受ける事がお勧めです。この多汗症に関しての治療法は何種類かあります。軽度であれば、塗り薬で経過を観察する事もあります。塩化アルミニウムを含む薬を塗布する事で症状が軽減出来ます。これは、部分的な対処として効果があると見られています。しかし、全身多汗症となると、他の治療法を行う事が望ましいです。今までは多汗症を治すには、汗の原因となる汗腺を切除する方法や注射でボトックスを注入する方法があります。症状や患者の意思によって治療法を相談する事が出来るため、しっかりと医師と相談して選択するようにする事が重要です。

有効的な治療法です

今まで多汗症の治療法は、原因となる汗腺を切除する方法が多く見られました。しかし、この治療法にはメスを使用するため、抵抗を持つ方が少なくありませんでした。さらに出来るだけ切開する部分を小さくしても、傷跡が残ってしまうというデメリットがありました。そのため、出来るだけ肌を傷つける事なく受ける事が出来る治療法を望む方が増加しました。そして近年ではボトックスを注射で注入する事により、一定期間症状を抑えるという治療法を受ける方が増加傾向にあります。このボトックス注入は、神経の末端から分泌されるアセチルコリンを抑制する効果があります。このアセチルコリンの分泌を抑える事により、過剰な汗の分泌を抑える事が出来るのです。体に無害なので注入しても問題がない物質です。しかし、各クリニックによって使用するボトックスが多少異なるため、しっかりとクリニックの情報を吟味することでより安心を得る事が出来ます。ボトックス注入を行う施術は短時間で終了します。数日後から効果が現れ始めます。こういった安全性を考慮し、受ける方が増加しているため、今後も有効的な治療法として増加すると見込まれています。