汗の悩みの解決法

治療に保険が適用されます

女性

現在では多汗症の治療に健康保険が適用されるようになっています。多汗症は状態によって日常生活にも大きな影響を与えることが問題です。そのため、最近では美容外科や皮膚科を始めとする診療科が多汗症を治療対象としています。多汗症が生じる部位として特に多いのがワキです。ワキには汗腺が集まっていることから、時にワキガを合併してしまうことがあります。このようなケースにも対応出来るように、健康保険の範囲内で複数のアプローチ法を設けているのが現在の医療機関です。どのような治療が保険適用で可能かは、実の所医療機関によっても異なります。ですので事前にホームページなどを確認して、治療内容を把握しておくのがベストです。多汗症の症状は個人によっても現れ方が違いますので、カウンセリングを利用するなどの方法で医師と適した治療法について相談することも一つの方法となります。比較的症状が軽い場合や治療の初期には、差し当たって手軽に利用出来る方法から多汗症治療が試みられるのが一般的です。

汗腺に働きかけます

多汗症では、汗腺が主な治療対象となります。特にワキの場合には、アポクリン腺と呼ばれる汗腺を集中的に治療することが多いです。アポクリン腺から分泌された汗は、たんぱく質や鉄分などの多様な物質を含みます。従って、汗が増えると共に臭いが発生しやすくなることが問題です。現在の多汗症治療では、このアポクリン腺を取り除く手術が行なわれています。また、より負担の少ない注射による治療も現在の多汗症治療の一つの選択肢です。自由診療で多汗症の治療を行なう場合は、より多くの選択肢があります。気になる部分に塗るだけで治療効果が期待出来る薬剤や、特殊な機器を使用した治療がこういった自由診療では可能です。体への負担が少ないことがこの手の治療の一つのメリットとなっています。ワキの汗腺を除去する手術の場合には、術後も一定期間安静が必要です。生活面も少しの間制限されることが多く、忙しい方にとっては負担が増えます。こうしたことから、昨今ではより手軽な治療法が人気です。多様な治療を行なう医療機関であれば、最新治療が受けられる可能性もあります。